薄毛になる原因や理由は様々です

女性の場合は仕事や育児、家事などのストレスが原因になることもありますし、遺伝などが原因で女性形脱毛症になる場合もあります。

 

また、出産後の脱毛症も女性特有の症状といわれています。

 

十円ハゲと言われるような円形脱毛症は、自然治癒する事もありますが、時間がたっても改善されなかったり、患部が広がってしまったりした場合は、できるだけ早期に病院での治療が必要となる事もあります。

 

次に、牽引性脱毛症です。
これは、ポニーテールなど毎日同じ部分を引っ張っている人に起こりやすい脱毛症です。そのため、頭皮マッサージや位置を変えるなどの工夫が必要です。

 

また、紫外線やシャンプーでの洗い過ぎなども抜け毛を引き起こす原因にもなりますので、抜け毛が増えた理由、自分に当てはまる原因を探し出すことも必要です。

 

ただ、薄毛の原因が自分では特定できないことが多く、安易に育毛剤でケアを始めたりして時間が過ぎてしまい、より症状が悪化してしまうケースが殆んどです。

 

FAGAと言われる女性型脱毛症のケースを除いては、育毛剤やサプリ、育毛シャンプーなどで自宅でケアできるのですが、原因が女性ホルモンの乱れなどによる場合は、早期の専門治療が必要です。

 

ヘアメディカル相談

女性の薄毛治療

最近は薄毛に悩む女性がとても増えてきています。
男性と違って女性の薄毛の原因は女性ホルモンの乱れによるものも多いため、育毛剤では効果が出にくい場合もあります。

 

自分では判断しづらいこともありますが、より確実に治したいなら早めに頭髪専門治療を行っている病院に受診することをおすすめします。

 

最近のFAGA治療は女性専用の発毛効果の高い治療として評価が高くなってきています。

 

育毛剤などとの違いですが、薄毛の気になる部分に塗る外用薬です。
代表的な外用薬は抜け毛予防にはパストチン、円形脱毛症にはフロジン液などです。

 

処方は医師によって行われますので国が認可した医薬品が使われます。育毛剤は医薬部外品です。実はこの違いが大きいのです。

 

次に内服薬です。
脱毛症や細くなった髪のケアをするための薬としてパントガールが登場しました。
また、内服薬は外用薬に比べて発毛効果が高いと言われています。

 

更に、注射薬で改善する方法もあります。
育毛効果が期待出来る薬剤を頭皮に注射することで効果があります。
注射薬は毛根に到達しやすいため早期に発毛効果が高い事を実感する事ができます。

 

現在、薄毛の効果的な治療薬としてプラセンタが注目されています。
プラセンタは、ホルモンバランスの乱れや自律神経の不調などに対して調子を整える効果があるため薄毛の効果的な治療ができる薬として非常に期待されています。

 

ホルモンバランスを整えると血流や頭皮の状態も改善されます。
そのため、丈夫な髪の毛に生まれ変わる事ができます。

 

また、髪の毛の栄養素にはアミノ酸が含まれていますがプラセンタにも良質のアミノ酸が多く含まれています。アミノ酸は発毛効果が高いといえますし、プラセンタは病院で処方してもらえる有効成分の医薬品です。